一人目の娘の妊娠、出産のとき

私には、二人の娘がいます。長女の妊娠、出産のときの話しです。

結婚して間もない頃、よっぽど子供がほしいのか、私の奥さんは、想像妊娠を経験しました。 妊娠の傾向があると嬉しそうにしていましたが、実際には妊娠していなくて、バチがあたったと涙ぐんでいました。 実際には、バチがあたるようなことは何もしていません。

そして、1、2ヵ月後、妊娠検査薬をつかって、妊娠の兆候が見られました。 はじめは、ピンとこなかったのですが、しばらくして、病院で実際に妊娠していることがわかりました。 そのときの、奥さんの嬉しそうな様子は、いまでも忘れられません。

妊娠中、逆子になったりすることはありましたが、順調におなかのなかで育ってくれていたようでした。 けれども、妊娠後期になってきて、お腹の赤ちゃんが、とても小さくて、うまく育っていないことがわかりました。 そして、奥さんは入院することになりました。

毎日点滴を打たれ、その影響か、顔がむくんでいました。 未熟児で産まれれることを防ぐために、陣痛を遅らせるための点滴もされていました。 夫の私としては、奥さんが痛々しくて、でも何もしてやれなくて、毎日面会に行くことしか出来ませんでした。 入院してしばらくして、担当の先生の判断で、総合病院に移されました。

移動は救急車でした。

やっと産まれても良いだけの週数が経ちましたが、子供は小さいままです。 総合病院に移ってすぐ、陣痛らしき兆候が現れました。

そして、お腹の中にいるのが我慢できなかったかのように、娘は飛び出すように産まれてきました。 体重は1850グラム。産まれてすぐに保育器に入れられて、運ばれていきました。 そして、3週間、病院で過ごしました。

今では、小学4年生になり、背は少し小さいものの、とても元気に育ってくれています。 産まれてくれてありがとう。いまでもそう思います。